精肉マニア
皆様の食卓にのぼる安全なお肉の提供と、 行き過ぎたオタク趣味の両立を企てる、 とても野心的なブログです。 世界中の人々がこのブログを支持していますが、 中には敵もいます。いないかもしれません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年12月16日(金)
本日無事に我らがスーパーの第一号店がOPENした。
たった11日前に初めて全員が集まったような烏合の衆が作ったにしては、
なんとかマシ程度の売り場は構築できていた気がしないでもない。


いやスマン、正直に言うと最低レベルの売り場だった。
ド素人の自己満足レベルの最悪最低の内容だった。
広告品の欠品は当然だし、陳列技術に関しては完全に無知、
接客態度も個人店の気さくなオッサンレベル。

実はこのスーパー、今まで個人経営だった各店が資本を出し合い、
寄り集まっただけの形だけのスーパーマーケットなのである。
当然、各部門ごとの連携は個人店気質が抜け切らないまま全くとれておらず、
各々が好き勝手にやってるだけ。
つまり、本当にスーパーマーケット経営に関してはド素人の集団だったのです。

速効で売り切れる広告商品、スカスカなオープンケース、
いつまでも行列が解消されないレジ、くわえタバコで仕事する花屋、
非効率的な作業、そのくせ危機感のないバックルーム。
とばない指示。右往左往するパートタイマー。
どれをとっても問題外。

開店前の準備ごときで音を上げて、ろくに働きもしないまま逃げ出したクズ社員などもおり、
自分が問題の解決にかかろうにも、別の業務に追われてなかなか手がまわらない。
そうこうするうちに、大した忙しさでもないというのにパニックを起こしキレる精肉上司。
このへんがシステム化されてない個人肉屋あがりの限界なのだろう。
確かに牛肉商品化技術は尊敬に値するが、それ以外はド素人だということだ。


今後自分の第一目標は、こいつらにスーパーマーケットの基本的動作と知識、考え方を身につけさせることとしたい。
ド素人連中を教育して地域一番店を目指す。
これはなかなか面白い試みだと思う!

8ヶ月でなんらかの成果を出してみたい。

参考までにOPEN時の人員体制

チーフ:個人精肉店あがり。牛肉、豚肉製造販売のプロ。
自分:中堅スーパー副店長あがり。管理販売のプロ。
社員:営業あがり。ド素人。包丁業務経験ナシ。

パートタイマー4名。全員素人。

逃亡社員2名。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

え?プロジェクトXはもう終わったよ・・・
【2006/01/01 13:03】 URL | 勃ひるし #- [ 編集]


いえ、これはスクールウォーズです。
【2006/01/03 22:14】 URL | 肉番長 #ncrZzeIs [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nikuban.blog16.fc2.com/tb.php/14-70a01df3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。