精肉マニア
皆様の食卓にのぼる安全なお肉の提供と、 行き過ぎたオタク趣味の両立を企てる、 とても野心的なブログです。 世界中の人々がこのブログを支持していますが、 中には敵もいます。いないかもしれません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年12月22日(木)
maymeroSnap08.jpg

ニンテンドーDS「おねがいマイメロディ ~夢の国の大冒険~」を購入。
やっぱり今年のNo.1カオスアニメはこの「おねがいマイメロディ」だと確信する年の瀬ですが、
クリスマス商戦にあわせて、とうとうゲームまで発売してきやがりました。
当初のメインターゲットであった女児層に見向きもされず、ただひたすらマニアな男性の支持ばかり集めるこの問題作、
果たしてどれだけの子供達からゲームとしての需要を求められているのやら…


んで、さっそくだが結論な。
買うな!
絶対に買うな!
ファンだからこそ買うな!!
スポンサーサイト
2005年12月16日(金)
本日無事に我らがスーパーの第一号店がOPENした。
たった11日前に初めて全員が集まったような烏合の衆が作ったにしては、
なんとかマシ程度の売り場は構築できていた気がしないでもない。


いやスマン、正直に言うと最低レベルの売り場だった。
ド素人の自己満足レベルの最悪最低の内容だった。
広告品の欠品は当然だし、陳列技術に関しては完全に無知、
接客態度も個人店の気さくなオッサンレベル。

実はこのスーパー、今まで個人経営だった各店が資本を出し合い、
寄り集まっただけの形だけのスーパーマーケットなのである。
当然、各部門ごとの連携は個人店気質が抜け切らないまま全くとれておらず、
各々が好き勝手にやってるだけ。
つまり、本当にスーパーマーケット経営に関してはド素人の集団だったのです。

速効で売り切れる広告商品、スカスカなオープンケース、
いつまでも行列が解消されないレジ、くわえタバコで仕事する花屋、
非効率的な作業、そのくせ危機感のないバックルーム。
とばない指示。右往左往するパートタイマー。
どれをとっても問題外。

開店前の準備ごときで音を上げて、ろくに働きもしないまま逃げ出したクズ社員などもおり、
自分が問題の解決にかかろうにも、別の業務に追われてなかなか手がまわらない。
そうこうするうちに、大した忙しさでもないというのにパニックを起こしキレる精肉上司。
このへんがシステム化されてない個人肉屋あがりの限界なのだろう。
確かに牛肉商品化技術は尊敬に値するが、それ以外はド素人だということだ。


今後自分の第一目標は、こいつらにスーパーマーケットの基本的動作と知識、考え方を身につけさせることとしたい。
ド素人連中を教育して地域一番店を目指す。
これはなかなか面白い試みだと思う!

8ヶ月でなんらかの成果を出してみたい。
[READ MORE...]
2005年12月07日(水)
らきすた
ニンテンドーDS「らき☆すた萌えドリル」を購入。
先日の「大人の脳トレ」で脳のトレーニングに目覚めたとか関係ない。
可愛いおんにゃにょこがピコピコ動くゲームが欲しかった。
ついカッとなって購入した。今は申し訳なく思っている。

内容はいたって簡単。
女の子のコントを見ていると突然ミニゲーム対決が開始され、
勝たないと続きが見られない。
言い訳もへったくれもない、潔いまでの萌えゲームである。
ただ一応、計算問題対決であることから、
なんとなく脳トレーニングと呼べないこともないかもしれんね…

何度かプレイしているうちに、操作するうえでとても気になる点が。
DSソフトのご多分にもれず、このゲームも回答にタッチペン入力を用いるわけですが、
なんというこー、数字の識別能力がものすごく悪い。
特に9を8と誤認する確率が高く、正解を叩き出しているのにミス判定を連発。
これはストレスが溜まる。マジ困る。
決して自分の書く数字がおかしいってことはないと思うんだが…
「大人の脳トレ」では一度も識字ミスないんだけどなぁ…

しかし登場女子がみんなオタクでアキバ巡りが大好き!
ソフマップやゲーマーズ、アニメイト、とらのあなが実名で登場。
各店のマスコットキャラまで出演ってのは、さすがに媚すぎじゃないのか…?
2005年12月06日(火)
新職場のプレOPENの目標販売金額が出た。
広告アイテムの種類と価格も見させてもらった。

ハッキリ言おう。
以前オレが単独で持ちまわしてた店よりも設定が低い。
投入人員時間は、オレが前の店フルに入れた場合で29.5h。
今度の店でフルに入れれば、なんと56h。
なんと最大でほぼ倍の人員が投入できるのだ!
しかも冷凍食品も担当しなくていいし、レジ応援にも入る必要がない。

だというのに、何故お前らはそんなさも大変そうな顔をしていやがるのか…
何故「年末残業とかあったらいやだよねぇ…」などとのたまえるのか。
そのくせ、何故チェーンストア出身者が仕事が出来ないみたく決め付けていやがるのか。

お前ら実務が始まったら格の違いを思い知らせてやるからな。
どいつもこいつも、オレのことバカにしやがって!
2005年12月05日(月)
入社契約完了。
これで楽しかった無職ライフは完全に終了。
結局職が見つからずに焦るとかゆーこともなく、楽しいままの無職生活だった。

んで初めて肉屋のチーフに会って、売り場方針について説明される。
細かいことは省いて要約させていただきますと、
「牛は高品質の和牛しか売らない」
ということらしいです。

いわゆる中流家庭をターゲットに品揃えを行ってきた、前の会社の考え方が身についていたので、
ちょっと、いやかなり驚きの方針だ。
いわゆるオージーなどの輸入牛は一切入れないのだという。
貧乏人は来るなとでも言うつもりなのか…
技術と人員の力で生鮮食料品を盛り上げていくという、
前の会社とは真逆の方針が気に入っていたわけですが、
ちょっとここまで極端だとどうかという気分になってしまう…

けれども、まぁ今の自分は単なる作業担当員であり、
数字管理や販売管理などは期待されていないうえに、責任を取らされることもないので、
安心してかなり冒険的な売り場に挑戦でき、さらに和牛の勉強もできる、
願ったり叶ったりなとても気楽な立場。
サポートに全力を尽くして、いい感じに給料アップといきたいところであります。

…しかし、前は精肉担当を社員1人パート4名でこなしていたのに、今度の職場は社員だけで4人、パートは5名。
販売目標金額はさして変わらず…給料も月3万下がっただけ…残業がつくから、もしかしたら増える…
ラクになったもんです。
2005年12月03日(土)
2日後の入社を控え、ただいま建設中の店舗を見物に行って来た。
採用通知に同封されていた書類は出勤日の指定のみ、
持参すべき書類も最低限のものしか記されておらず、
当日どこへ行けばよいのかさえも記載されていないという、
ちょっと不安なドジっ子企業ではあるが、現に店舗がほぼ完成されている姿を目にして、
少し安心する。
ひょっとして性質の悪いドッキリだったんじゃないのかという疑惑が捨てきらなかったのだ。

駐車場や店舗外観はほぼ完成しており、内装もだいたいできあがっているようだ。
外からはバックヤードの様子まで窺うことができなかったが、
生鮮部門は軒並みシースルー。(ガラス張りで作業場が見えるタイプ)
思ったより近代化された作業場のようで使いやすさに期待ができます。

内装業者の不審者を見る目にも負けず店内を観察していると、
なんとすでにグロサリー商品の搬入が始まっている模様。
正直なところ、5日の入社式後はしばらくパートタイマー研修やら、
新規事業であるゆえ、初対面の正社員同士の作業均一化などをつめて行くものと思っていたので、
さっそくの開店準備にド肝を抜かれた形となった。

そもそも時期的にも年末商戦真っ只中にOPENってのもありえない。
まず、商品が手配できないだろう。
工場や市場が閉まってしまううえ流通物量が増えるから、
基本的にメーカーも年末商品は1ヶ月前からの事前発注でないと対応できない。
生鮮の精肉などに至ってはもっと前から商談を詰めていなくては出来ない相談だ。
しかも、いくら経験者を募集したと言っても、企業が違えば段取りが全く異なる。
発注時の入力形式の違いだけでも結構な混乱になるはずだ。

なのでまさか年内のOPENはありえないだろうと高をくくっていたのだが…
少し考えが甘かったのかもしれない。
むしろすでに年末用の商品を発注していまっており、どんなに体制に不備があろうとも、
開店せざるを得ないくらいの状態なのかもしれないと、なぜ考えておかなかったのか?

ともかく入社は2日後。
指示はなかったが、一応必要そうな各種書類と印鑑、通帳などを用意しておこう…
何しろドジっ子企業なのだ。
オレを採用してしまうくらいにドジっ子なのだ…
2005年12月01日(木)
今更ながらニンテンドーDS「押忍っ!闘え!応援団」をプレイ。

実はソフト自体は結構前から買ってあったのですが、
なんというかノーマルモードの最終面に全く歯が立たず、しばらく放置しておりました。
何でも、これをクリアしたら出現するハードモードをさらにクリアすると(つまりベリーハードモード)、
むくつけき大男の応援団員達から一変、ギャルギャルしいチアガールが使えて大興奮!!しかも1人はメガネッ娘!
ということだったのに、ノーマルですらクリア出来ないこの寂しい現実。

もう90%くらいオレにはチアガールを見ることなんてできないんだ…
と諦めかけていたそのとき、とある一本の話題のゲームと出会った。

「脳を鍛える大人のDSトレーニング」

よく、朝のワイドショーなどの1コーナーで紹介されたりすることが多いゆえ、
主婦や老人、無職やニートの皆さんの間でやたら有名なアレである。
恥ずかしながらも無職の末席に座る自分も例外なく聞くに及んでおり、
近頃とみに知力の低下を痛感すること度々、こたび購入を決意することとあいなった。

んで4日ばかりトレーニングしたところ、あっさり上限の20歳脳に到達。
(以前友人にお試し版をやらせてもらったときに出た結果が60歳だったのは、
 そこがメイド喫茶店内だったせいだと確信。
 そんな場所でメイドに視姦されながら、「あか」だの「あお」だの言えないっつーの!)

その脳力(のうぢから)の威力を実践するため、久しぶりに先の応援団をプレイしたところ、
できる!すごいできる!?
今まで全く追いつかなかったタッチマーカーの出現スピードに簡単に追いつける!
何と言うか視野が広がった気分。
それまで見てる余裕なんてなかった、キャラクターアクションを観察する余裕までできてるんです!
あれよあれよ言う間にハードモードまでクリアしてしまい、ついに念願のチアガールを手に入れたぞ!

いやぁ、脳って使ってないと本当に衰えるものなんですね…
とゆーわけで「脳を鍛える大人のDSトレーニング」の効果はすごいッ!
その効果であっという間に結果を出したオレの優秀な脳はもっとすごいッ!!
てゆーか、チアガールマジエロい!!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。